ファッション

[30代]落ち着き過ぎないメンズファッションとは

[30代]落ち着き過ぎないメンズファッションとは

どうも、色んな顔を持っています。ハズレpです!

今回は30代男性必見、落ち着き過ぎないファッションをご紹介します!

30代頭はなかなかナイーブな時期です、20代みたいなファッションも出来ないし、かといって守りに入りすぎて地味メンになりたくない、、イケおじと呼ばれたい、というかまだお兄さんでいたい!

そんな方ははこちら!↓↓↓

カラーパンツで地味すぎず、落ちついた印象にしましょう!

シャツの柄で自分に合った個性を表現しよう。

今回は検証材料として4種類用意しました。

順番に合わせてみて印象を変えてみます。

1.ドット柄

印象が若いですね、童顔の方や、背の低い方に適しています。気をつけて欲しいのが、ドットの色によっては子どもっぽく見られてしまいます、またドットの大きさも気にしましょう、大きい程印象がドットに向きます、すると人より服が目立ちいわゆる服に着られているということになります。

2.黒地ストライプ

こちらは夜のイメージ、大人のイメージが付きます。まだ落ち着ききれていない、遊んでいそうな感じですね。老け顔の方、髪を遊ばせている方に合います。

落ち着き=暗い色というイメージですが、実はやってやんぜ系の印象を受けるので注意が必要です。

3.細いストライプ

何かと着回しの良い柄です。誠実、清潔感、大人な印象です、顔周りの印象が固くなるので逆に童顔の方だと違和感を感じるかもしれません。

1枚は持っていて損は無い、万能タイプです。

4.太めのストライプ

太めのストライプはまた印象が変わります。誠実、清潔感に優しい印象がプラスされました。実はカラーパンツとは相性がよく、特に暖色系のパンツだと明るく優しい印象になります。

こちらは細いストライプとは違い、クールな顔の方には少し違和感を感じさせてしまいます。童顔の方や少しぽっちゃりした方におすすめです。

まとめ

印象を落ち着かせるには地味ではなく、暖色を上手く取り入れシャツで遊ぶのがポイント。アウターは生地のしっかりしたグレーやブラウンなどの着回しの良いデザインの物を選ぶ事で流行に走らず、かといって無頓着でもない大人のファッションを楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です